薬剤師求人 > ドラッグストアでの薬剤師の仕事

薬剤師求人-ドラッグストアでの薬剤師の仕事

薬局では病院から出された処方箋に基づいて調剤を行うことになりますが、ドラッグストアにおいてはOTC販売業務が主な仕事です。

OTCとは自分で選んで買える一般用医薬品という意味です。 仕事内容はまず、ドラッグストアに来店したお客さんからの「どの薬がいいのか」という相談に乗る仕事が挙げられます。

適切な商品を選んで提案するだけでなく、適正な使用方法も付け加えて説明を行います。 さらに、薬効とお客さんの体質を考えて、希望する商品とは別のものを勧める場合もあります。
薬剤師求人、漢方薬剤師とは?

こうしたことから薬の種類、値段、効能の深い知識が必要となり、優れた接客能力も問われることになります。 何の病気かわからないけど…と言って体の不調を訴えてくるお客さんもいるので、取り扱っている薬に対する充実した知識が不可欠です。

近年では調剤室を併設したドラッグストアが多く見られるようになりました。 調剤薬局と同じように調剤から投薬までをドラッグストアで行うことができるということで、こういった併設されている店舗が増加傾向にあります。

ドラッグストアの薬剤師はお薬以外にも多くの業務を担うことになります。 ドラッグストアは一般用医薬品だけでなく様々な生活雑貨や食品も販売されており、これらの品出しや販売も仕事のうちの1つです。

薬剤師本来の仕事以外にも雑多な業務を求められることになりますが、2009年以降は状況が大きく変化しました。 登録販売者制度によって第二類・第三類の医薬品については薬剤師がいなくても販売が許可されるようになったので、薬剤師自体の需要が大きく下がったのです。

とはいえ、薬剤師の派遣先としてまだまだドラッグストアが多く見受けられますね。 新薬がどんどん登場しますから、常にアンテナを張って知識を得る他にも研修等によるスキルアップが重要です。 派遣でドラッグストアでの勤務を希望しているなら、その前に研修等で知識の習得を図ったほうがいいでしょう。